資金調達の方法を考える

資金調達の方法は、色々なものが考えられます。まず思いつくことの一つは友人や家族からお金を借りることです。これは銀行の借入と比べ金利や返済条件などの面で融通が利きやすい確率は高いといえるのですが、信用性が第一となっているため関係がこじれることで法的なトラブルをはじめとした色々な問題に直面する可能性もあります。

 

その次に、金融機関を利用して借り入れを図る方法が挙げられます。これにはいくつか種類があり、まずは日本政策金融公庫は国が全て出資している金融機関で国の支援の一環として融資を行い開業資金を調達することが可能です。開業しはじめのときにはこちらを利用することが多いです。

 

信用保証協会から融資してもらう方法もあります。この信用保証協会とは国の機関であり銀行が創業者になる人に融資をすることでその後創業者が借り入れ金を返済できなくなってしまった場合のリスクを銀行に代わり保障してくれる機関のことです。

 

プロパー融資と呼ばれる銀行固有の融資を利用して資金調達を行うという方法もあります。こちらは信用保証協会がついていませんので、開業したばかりの企業にはプロパーで融資されにくいデメリットがあります。ただ、一般的に利用するにあたってはこちらの方法がメジャーといえるでしょう。

 

ほかの資金調達方法としては、個人の投資家に出資してもらうなどの方法があります。