事業の為の資金調達方法の種類

事業を維持するためには資金調達が不可欠ですが、その調達方法には様々な種類があります。

 

例えば、開業時の資金調達であれば、一緒に事業を運営してくれる人同士で個人資産を出し合って資本金とすることがよく行われているほか、開業前にすでに別の事業で一定の結果を出している場合は金融機関からの融資を受けたり、第三者から寄付を集める方法が用いられることも多いです。

 

また、補助金や助成金の制度を利用して必要な資金の一部が賄われることがあります。

 

応募要件を満たさないと申請ができないほか、制度を運営している機関で審査が行われた上で交付が決定されるため必ず受け取れるものではないことや、交付されたお金の使途がかなり厳格に定められていることなどが難点ですが、事業主自らが負担をする必要がなく、失敗した場合のリスクもあまり無いため、積極的に活用する事業者が多いです。

 

近年知られるようになった新しい資金調達方法にクラウドファンディングがあります。これはインターネット上の不特定多数の人から事業資金を募る方法で、ソーシャルメディアやSNSの隆盛にともなって利用者も多くなっていて、市場規模も年々拡大しています。能力やアイデアがあるのに資金が十分に集まらずに悩んでいる場合は、この方法を利用するのも手です。