創業時の資金調達は制度融資が有利

創業時の資金調達は制度融資が有利

電卓と男性

新規にビジネスを立ち上げる場合、最初のハードルとなるのが創業資金調達ではないでしょうか。自己資金で事業を始められるひとはごくわずかで、ほとんどの起業家は何らかの方法で資金調達を行い事業をスタートさせています。

資金を調達するには様々な方法があり、主な借り入れ先としては銀行や信用金庫、貸金業者があります。銀行は信用力の低い創業時期の融資には非常に慎重なため、特に大手の銀行では借り入れが困難です。信用金庫は銀行よりも基準は緩やかですが、創業時よりも事業を軌道に乗せる時期の融資先として検討した方がいいでしょう。

創業時の資金調達として一番利用しやすいのが制度融資です。信用保証協会が信用保証を付けることで借り入れがしやすい制度で、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」は3000万円を限度に有利な特別利率で貸し付けてくれます。このほか各都道府県の自治体でも起業や新分野進出を対象とする融資制度を設けていますので、創業の際はまず、これらの制度融資を検討するのがいいでしょう。

事業が軌道に乗れば信用金庫や銀行からも融資を受けやすくなりますので、それまでの間は制度資金を創業や運転資金として大いに活用して草創期を乗り切ることが大切です。

事業融資について解説

事業融資とは、事業を立ち上げたり事業を運営するための資金を、主に国の機関や制度、銀行などから融資を受ける事です。

融資を受けるためには、事業計画や創業計画、経営者の能力などが総合的に判断されます。例えば飲食店をオープンさせる事業を立ち上げる場合の事業資金は、店舗物件の取得費用、取得物件の内外装工事費、調理器具や備品などの購入費、食材等の仕入れ費、広告宣伝費、オープンまでの人件費などがあります。

これらの内訳、運営計画で利益を上げられることが認められれば、事業資金が融資される事になります。融資を受ける先には政府の機関である国民金融公庫や地方銀行や信用金庫の保証協会付き融資、地方自治体や商工会議所による制度融資があります。

金利や融資限度額など、借り入れ条件はその内容や、審査によって変わるのが一般的ですが、一番大事なのは、事業計画、創業後の経営計画がしっかりとされている事です。もちろん事業融資を受けるために、事業計画書がしっかりしている事も大切ですが融資を受けた後に計画通りに利益をあげ事業を継続させる事が重要だからです。

その辺りをクリアできたらまずは、各機関の事業融資担当者に相談してみると良いでしょう。

資金調達の方法と種類

ビジネスで成功を収めるためには軍資金が必要となりますので資金調達を必ずしなければなりません。
しかし、方法が分からない場合だと、どうすれば良いのか迷ってしまい、ビジネスも上手くいかない可能性がありますので、資金調達の方法と種類を知らなければなりません。

一番身近な資金調達の方法としてあるのが、家族や有人といった身内から借入する方法です。
銀行などからも資金融資をしてもらう方法がありますが、返済条件や金利といったことがありますので個人間の貸し借りの方が融通が利きやすいです。

資金融資の方法でも種類がありまして、日本政策金融公庫からの創業融資、信用保証協会からの制度融資があります。
プロパー融資が一般的ですが、開業仕立ての会社は融資され辛いのでベンチャー企業の場合はエンジェル投資家、個人投資家、ベンチャーキャピタルからの出資も多いです。

資金調達の方法として、事業計画を立てて資格の要件を満たした上で補助金や助成金を受給する方法もあるでしょう。

最近増加しているのがクラウドファンディングでの不特定多数からの出資になりまして、寄付型や投資型など種類があります。
その他にも私募債による資金調達といった方法もありまして、会社の規模や事業モデルによって、どの方法が相応しいか考える必要があります。

事業資金の融資・調達方法